「狩人の夕べの歌」

ゲーテ詩

Y・C・M邦詩

足音をしのばせて

獲物に銃を構えた

不意にきみの顔が

浮かんで消えない

きみの笑顔が。

足音も立てず

野原を翔け抜ける

漁師の姿には

目もくれないで

翔け抜ける。

空しく思い続ける

月よりも遠いきみを

ひそかに夢に見る

二人のしあわせを

愛のまぼろしを。

 

→「文化史的考察5」へ戻る